男の人

人知れず悩んでいるのなら女性のための育毛剤を使おう

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活習慣改善と併せて

鏡を見る女性

男女で異なる薄毛の原因

薄毛の原因は、男女で大きく異なります。男性は、遺伝や男性ホルモンの影響であることがほとんどです。一方で、女性の場合、男性ホルモンの影響を受けることはほとんどありません。また、遺伝の影響も男性に比べてあまりないとされています。むしろ、加齢、パーマや毛染めによるダメージ、ストレスや生活習慣の乱れによることが多くなります。また、男性と異なり、加速度的な脱毛の心配はありません。言い換えれば、女性は多少薄毛になったとしても、諦める必要はないということです。生活習慣を改善し、適した育毛剤を活用すれば、十分に改善できるものです。このように、男女で薄毛のメカニズムが異なるため、育毛剤は女性専用のものを選ぶことがポイントです。男女兼用に比べると、高い効果が期待できるからです。

商品選びのポイント

女性向けの育毛剤には、大きく2つの種類に大別されます。どちらのタイプに当てはまるか検討した商品選びを行いましょう。まず1つ目には、頭皮環境や、ヘアサイクルを整えるものです。これは、先ほど述べた女性の薄毛の原因のうち、ストレスやダイエット、ダメージによるものに効果的です。具体的には、頭皮の血行促進効果や保湿効果を備えています。どちらかといえば、若い女性向きの育毛剤です。冷え性を抱えたり、仕事で生活習慣が乱れたり、ストレスが多い方は、利用を検討してみてください。なお、生薬成分が豊富な特徴が挙げられます。2つ目には、エストロゲンに類似した働きをすることです。増毛効果や美髪効果を持つエストロゲンは、加齢によって減少します。これを育毛剤で補充していくという考え方によるものです。どちらかというと、40代から50代の方が利用すべきタイプとなります。いわゆる、更年期障害のような症状が自覚できる場合には、このタイプを利用しましょう。具体的な症状は、ホットフラッシュや精神的な苛立ち、今までにない疲労感などです。併せて、基本的な生活習慣を整えることも重要です。育毛剤を利用しながら、改善しましょう。

髪の悩みを解決する

頭を触る婦人

女性の薄毛の原因は人により異なりますが、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされているケースが多いのです。生活習慣やストレス、更には出産などがきっかけによって抜け毛が増えることもありますから対策として育毛剤を使用するのも効果的です。

詳細へ

サプリで栄養補充

2人の男性

薄毛になりやすい人の特徴として、ストレスを抱えているといった点もありましたが、シャンプーを適当に行っている人も頭皮の状態が悪く薄毛になりやすいです。薄毛の改善には亜鉛などの栄養素を摂取することも大切です。

詳細へ

AGAの遺伝子検査

男性ドクター

自分が将来AGAになるかどうか心配という人にお勧めなのがAGA遺伝子リスク検査です。遺伝子の数から薄毛になるリスクが分かります。AGA遺伝子リスク検査はaga治療を専門にしている発毛クリニックなどでしています。

詳細へ